LEEAD Magazine > 受注損失引当金の基礎知識と運用方法

受注損失引当金の基礎知識と運用方法

本ブログにて「プロジェクト管理会計」に関連するテーマを数回にわたり取り上げ、現実における問題点や理想とする管理・業務運用方法をご紹介します。

本稿では、赤字に関しての会計実務である「受注損失引当金」の基礎知識や運用方法について取り上げています。「受注損失引当金」について、原価計算の考え方や運用しやすい仕組みづくりの一例として、是非ご参考にしてみて下さい。

受注損失引当金とは

我が国では、建設業やソフトウェア開発会社を中心に、工事損失引当金や受注損失引当金(以下、「受注損失引当金」という。)が計上される会計実務があります。

ソフトウェアなどの制作を業としている場合、プロジェクト毎の採算予測において赤字を予測することは重要なポイントです。つまり、当月迄の実績に加えて、今後かかる原価を加えた金額を随時算出できることが求められます。また、算出した金額(原価)が受注金額を上回ることは、そのプロジェクトが赤字になることを意味します。このような場合、期末において予想される損失に対して受注損失引当金を計上する必要があります。

受注損失引当金は将来の損失を見込む事であり、すでに損失が確定しているケースは、棚卸資産評価損として処理する必要があります。受注制作のソフトウェア制作費は、一般的にプロジェクト別(個別)原価計算により集計し、会計処理されます。

プロジェクト原価を把握するためには、ソフトウェア制作費(材料費、労務費、外注費、経費)が、どのプロジェクトに関連して発生したかを区別して集計できる事が重要であり、そのための事前準備が必要となります。

受注損失引当金の運用方法について

請負契約の場合、提案の段階では受注できるか確実ではないため、提案活動に係る費用はプロジェクト別(個別)原価計算の対象には含めず、期間費用(販売費及び一般管理費)として処理されることが一般的です。

しかし、業界特有の慣習もあり、ソフトウェア開発の現場では、しばしば受注が確定する前の提案活動(プリセールス)の段階から基本設計や開発などの業務がスタートすることがあります。また、Webサイトの制作など一部の業界では検収直前に契約金額が決まるなど、受注の確定時点が明確に決まらないこともあります。

このような場合に、どこを開始時点としてプロジェクト別の原価集計を始めるべきか、ルールの策定に悩まれている会社も少なくないかと思われます。この点、個別原価計算を始めるタイミングとしては、大きく分けて以下の3つのケースが考えられます。

契約の種類・内容および制作・開発作業の開始時期等を勘案して社内ルールを決定しておくことが望まれます。

(ア) 契約締結日: ソフトウェアの性質上、契約締結までさほど時間がかからず、特段、開発等も必要ない場合には、契約締結日を開始時点とすべきと考えられます。この場合、契約書あるいは顧客からの発注書が客観的な外部証憑となります。

(イ) 顧客に見積書を提出し、内諾が得られた日: ソフトウェアの性質上、顧客要望のヒアリング、フィット&ギャップ分析、要件定義書の作成等の作業をスタートしないとプロジェクト全体の総工数を見積れないケースもあります。このような場合、少なくとも顧客との間で仕様の打ち合わせが終わり、概算見積額等について大筋で合意が得られた時点を開示時点とすべきと考えられます。もしくは社内承認を経た(概算)見積書の発行日を原価計算スタートの時点とする方法も考えられます。

(ウ) 社内決裁日: 業界特有の慣行として、仕様の変更や追加要望等が繰り返され、契約金額の確定が検収日直前になり、契約締結(正式見積書の発行)も請求書提出と同じタイミングとなるようなケースもあります。このような場合、制作・開発をスタ ートすることに関する社内の承認日等を原価計算スタートの時点とする方法が考えられます。

要件としては、

  • 原価総額が受注総額を超える可能性がある場合
  • 超過額を合理的に見積もることができる場合

になります。

期末時点で、全てのプロジェクトにおいての「原価実績 + 将来の予定発生原価 = 着地原価」を算出すること、特に、「将来の予定発生原価」をしっかりと把握することが重要です。

そのため、原価実績を早期に把握し、将来の外注費のみでなく社内の労務原価を見直しするフローが必要です。皆さんの会社では、このフローしっかりできていますでしょうか?

シンプルにはじめられるプロジェクト会計クラウド LEEAD

LEEAD(リード)はプロジェクト会計業務に特化したクラウドサービスです。

プロジェクト毎の売上・人件費・外注費・経費・稼働工数といった数値情報をプロジェクト毎に紐づけて管理することで、赤字プロジェクトの未然防止や要員配分の最適化を行うことができます。

また、「LEEAD」ではお客さまの業務課題解決のため、既存業務運用のヒアリングからシステムの導入支援および運用まで一貫した業務サポートを行っています。社内特有の会計ルールがあり、なかなかシステム導入が進まないといったお困り事も是非ご相談ください。