LEEAD Magazine > 進行基準による売上算出が自動でできるようになりました

進行基準による売上算出が自動でできるようになりました

いつもLEEADをご利用いただきありがとうございます。LEEADでは、ご利用中の皆様からのご要望をもとに、日々新しい機能の開発や改善を行なっております。この度、新たに機能をリリースしましたのでご紹介させていただきます。

以下の画面にて、進行基準による売上算出機能をリリースしました。

  • 収支計画表(計画中の数値情報を参照・編集する画面)
  • 収支管理表(運用中の数値情報を参照・編集する画面)

本リリースによって、原価比例法を適用した進行基準売上算出が可能となりました。

プロジェクトの「請求額」と「費用」をベースとした進行基準売上算出が、ワンクリックの操作で実現されます。より簡単で確実な収支計画及び収支管理が可能となっております。

プロジェクトの基本情報から請求額を登録し、算出の基準となる費用を "人件費 / 外注費・経費 / 費用全て" の内いずれかで選択することで各月の売上額が自動算出されます。

より詳しい機能の操作方法については、順次公開される公式ヘルプページにてご案内いたします。