LEEAD Magazine > 【ウェビナー】登壇者のご紹介 | フォーキャストマネジメントの基礎知識と成功の秘訣

【ウェビナー】登壇者のご紹介 | フォーキャストマネジメントの基礎知識と成功の秘訣

登壇者のご紹介

2022年4月28日(木) 開催の 【プロジェクト型ビジネス責任者必見!】フォーキャストマネジメントの基礎知識と成功の秘訣 の登壇者をご紹介致します。なお、本セミナーの詳細は、こちら をご確認ください。

【登壇者】写真左:塩塚 丁二郎、写真右:古谷 幸治

【登壇者(写真左)】塩塚 丁二郎 / Teijiro Shiotsuka
  • 株式会社ETVOX 代表取締役CEO
  • プロジェクト会計クラウドLEEAD 運営責任者

埼玉県越谷市出身(出生は福岡県)

早稲田大学卒業後、野村総合研究所を経て、株式会社ETVOXを2015年に設立。前職の経験から、プロジェクトマネジメントを主軸とした事業を展開。若干数名の企業規模ながら、外部資本には一切頼らず、年間1億円規模の売上見込を達成。

これまで、特定の業界分野にとどまらず、小売、不動産、観光、アパレル、建設業界などのDXサービス立上げに従事。ビジネスの上流からプロダクト開発の実行管理までを網羅する経験値と、PMノウハウに定評がある。

これらの経験を活かし、2020年より新規事業としてLEEADを立上げ。プロジェクト会計・フォーキャストマネジメントに特化したクラウドサービスを展開中。

【登壇者(写真右)】古谷 幸治 / Yukiharu Furuya
  • 株式会社プロジェクト・イノベーション 代表取締役CEO
  • プロジェクト管理会計研究所 所長
  • LEEAD Execコンサルタント

神奈川県横浜市出身

大学卒業後、不動産デベロッパー・建設業・CM映像制作業を経て、2002年アクセンチュア出身のメンバーが立ち上げたITパッケージシステム会社「エンプレックス」に参画。取締役CFOに就任。

2016年、大手芸能プロダクション経営企画などを経て、株式会社プロジェクト・イノベーションを設立。

不動産建設業の会計業務知識をベースに、映像制作業やソフトウェア開発/システムインテグレーション、ITサービス業での経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。コンサルティングした企業は200社を超え、そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

開催概要

コロナ禍を背景にリモートワークが増え、定期的に業績予測の報告をしたいが、プロジェクト間の情報を効率よく共有できず、余計な手間や時間がかかってしまう悩みをお持ちではありませんか?また、精度の高い利益予測を立てるには、プロジェクト毎の着地予想を定期的にチェックする必要があります。

本セミナーでは、プロジェクト収支予測及び業績予測を行う上で必要不可欠な「フォーキャストマネジメント」の基礎知識と成功の秘訣を先進企業の事例ベースで皆様にお伝えいたします!

本セミナーの詳細につきましては、こちら も是非ご参照ください。

お申し込みフォーム

本ウェビナーは終了しました。多くの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。